入門講座・前編

この講座は、アセンションスクール Cosmic Heart で学ぶ上での入門編となる講座です。当スクールの方針を理解していただきながら、自分の神聖さに気づき、自己尊重を学んでいくための第一歩となります。

  

 

 この講座の特徴●

1、自己啓発のため、アセンションのため、またこのスクールで学ぶための自己尊重・自尊心に関わる、「リンゴはリンゴ」「自分の外に神はいない」という2つの方針について学び、新しいパラダイムへ向けて意識を180度、変換していただけます。

 

 2、マントラを用い、自分の声だけで自分を整えていく術を学びます。

 

3、グランディング&センタリングの実践で自分の土台を整えていけます。

 

4、地球の内部にある、女神ガイアの神殿を訪ね、ガイアと繋がります。人によっては、地球に転生の目的である、魂のブループリントを思い出すこともあります。また、地球を構成する四大元素とも繋がり、これから様々な面でサポートをしてもらえますので、さらに輝いた人生を送れるようになります。

 

5、ネガティブなコードとのつながりがあれば、それを断ち切り、新しく歩みだすことをサポートする「コードを断つ」ワークを体験していただけます。

 

6、今、ここに存在する全てを肯定し、いつでもポジティブな自分に戻るための感謝(喜び)のワークを体験いただけます。

 

7、自分についてを知っていくための、スポンテニアスドローイングや、表現の仕方なども体験いただけます。

 

8、日本古来の言霊を使った、波動を高める練習をしていきます。

 

9、とても便利なアイテム!のフラワーエッセンスのプレゼント付き!

 

10、自分で自分を整え、波動を高めていく術の数々を学んでいけます。

 

 

 

●講座内容●
 ・Cosmic Heartの説明

・見えない世界について
・波動について
・スピリチュアルと心の関わりについて

・コードを断つエクササイズ
・リンゴはリンゴの重要性
・自分のベースをしっかり整えるための グランディング&センタリングの説明と実践
・4大元素と繋がるためのビジュアライゼーション

・地球の女神ガイアと グレートクリスタルのビジュアライゼーション
 ・自分を整えるためのマントラの紹介と実践
 ・日本古来の言霊

・自分についての表現の練習

・今のあなたの状態を知る、スポンテー二アス描写
・感謝(または喜び)のワーク
 などを予定しております。

 

 
●入門講座・前編 受講料 35,000円

(山形会場は交通費・会場費があまりかからないので、3万円です)

 

※受講時間は6時間です。目安:仙台会場は10:30~17:30、山形会場は、10時~17時となりますが、他会場や季節や時期によっても開始・終了時刻は異なります。 

 


お土産付!

グランディングとセンタリングとプロテクションのエッセンスをブレンドボトルにて各1本ずつ計3本プレゼント!

 

 
  ※こちらの講座は、Cosmic Heartで学ぶ最初の講座になります。入校可能な方は、どなたでも受講いただけます。スピリチュアルな学びが初めての方でも、きちんと自分を整えられるような内容となっておりますので、ご安心ください。

 

 

  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆「自分で自分を整える!」 ☆☆☆☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

これがこのスクールでの土台です。

受講後は、マントラ10分、グランデイングセンタリング+自分の内に入る時間を毎日、最低でも30分は確保しましょう。それができた上で、更に自身を高めていくために、 基礎コース、アセンションコースに進みエッセンスやヒーリングという アイテムや手法を用いたり、自分の考えや固定観念を手放し、 天使やマスターたちと繋がり、 さらに波動を上げていく、 というカリキュラムになっております。

    

 

 

       


女神ガイアとは?

____________________________

女神(レディー)ガイアは地球を担っている座天使です。座天使という階級の天使達は、 星や惑星の世話をするために源が送り出した、 9次元の天使です。 (天使や天使の階級については、エンジェル講座にて詳しくお伝えいたします)

 

私たちは転生する前に、守護天使、ガイドと共に特別な会議に出席します。そして、多くの場合、親や子供、親族などの魂と共に、今回の転生で何を経験したいか、学びたいかについて、取り決めます。そして、その目的を達成できるように、身体的障害、精神的問題、事故、病気など難しいステップへ同意している場合も多いのです。

 

なぜなら、魂レベルでは、私たちは、ラクな人生を送って成長がもたらされる、ということではないということを知っているのです。進化を望む魂達は、より多くのチャレンジを求め、この地球に転生をしました。自分のカルマや、魂のチームのカルマ、国のカルマ、惑星のカルマを返済したいと望んでいることもあるでしょう。それらは会議で話し合われ、その結果あなたは自身の決断の元、この地球に転生しました。

 

そして、地球の担当者、レディーガイアから、地球に転生する許可をもらえたからこそ、あなたは、ここに居るわけです。レディーガイアは、あなたの魂が成長を遂げるために、あなたの魂を、自分の家に受け容れてくれた、ホストマザーです。そして、私たちは、全てのものをレディーガイアからプレゼントされます。この髪の毛も、この血液も、この目も。 細胞1つ1つをレディーガイアからプレゼントしてもらっているのです。   自分の魂の成長に即した体。体だけではなく、この服も、この家も、机も、椅子も。

 

レディーガイアと繋がることによって、あなたの魂のブループリントを思い出すこともあるでしょう。そこからあなたのアセンションが始まります。当スクールでは、レディーガイアと繋がる、この講座を一番最初に受講いただきます。あなたのアセンションへの最初のドアが開きます。

 

 

 

 

 

どうしてコードを断つ必要があるのでしょうか?

____________________________

 いつでも誰かについて何かを考えているとき、 その相手に繋がっています。 そして、継続的に強い思いで考えると、 お互いの間にエネルギー的なコードが創られていきます。

 

  私たちは、肉体は個々であっても、 エネルギー的には誰かと繋がることができます。 そして、そのコードを伝わって相手のエネルギーが流れます。 何かわからないけど、今日はあの人のことが浮かぶな~、 なんてときは、相手からコードが伸ばされています。

 

 コードには、ポジテイブなコードもあれば、ネガテイブなものもあります。 愛や感謝が流れるコードもありますし、逆もあります。 コードが線状であればまだいいのですが、 複雑に絡み合ったり、複数で絡み合ったりしてしまうと、 なかなかほどけません。

 

家族であっても他人であっても過剰な依存は、 相手からエネルギーを吸いこんでいます。 また、何かわからないけど疲れる、という場合は、エネルギーバンパイアから エネルギーを吸い取られています。 コードぐるぐる巻きでは、新たなことを学んでも入りませんし、 何かを受け入れるスペースがありません。ですから、当スクールでは、まず最初に、この入門講座・前編で、 ネガティブなコードがあれば、それを断っていきます。

   

 

 

 

 

 

マントラとは?

____________________________

 マントラは、「真言」と言われ、人をより高次の意識状態に導くサンスクリット語の音節、語、フレーズです。 サンスクリット語とは、チベットの言葉で、天上界から聖者が受け取った音で、それぞれの音がチャクラに対応している、という聖なる特別な言葉だと言われています。 これは宇宙の始まりから存在していた音、もしくはエネルギーであり、新たにつくりだすことも消滅させることもできないそうです。

 

マントラを声に出す →→その音が宇宙に届き発動し、同じ周波数の物を引き寄せたり、浄化したりするわけです。 マントラは、言葉の意味を伝えるのが目的ではなく、音(波動)を伝えるのが目的です。  自分でできる自己メンテナンス法に、「マントラ」を唱える方法があります。

 

  私たちの60兆個の細胞がマントラの波動に共鳴し、体に、オーラに振動します。あなたがマントラを唱えるなら、あなたの細胞、肉体、オーラ、感情も全て浄化され、高い波動をまとい、またそれがあなたをプロテクション(防御)してくれます。

 

 

 

 

 

スポンテニアス・ドローイングとは?

____________________________

スポンテニアス描写(ドローイング)は、 意識の筆跡の様なものです。 木だったり、家だったり、路だったり、 表題は様々ですが、 こんな風に絵を描きたかったんだけど・・・・と、 思っているものと違うものが仕上がったりします。 (絵の技術云々は関係ありません) それは、普段自分でも意識している、顕在意識ではなく、 普段は私たちの水面下にある、潜在意識が大きく表面化するからです。 このスポンテニアスドローイングを客観的に見ることで 自分の潜意識内の情報を顕在意識内にもたらす事ができます。

 

つまり、自分の水面下にあるものは何か? ということを認識していくことができるのです。 私たちは、自分のこと程、 わかっているようでわかっていません。 そして、自分が何を感じているのか、何を思っているのかも 普段そんなに深くは意識していません。しかしながら、全ての現象や出会いは引き寄せです。 自分の中にあるものが、全てを引き寄せます。 それなのに、当の本人が自分のことを分かっていないならば、 何を引き寄せてるのでしょう?

 

スポンテニアス描写は、 見える形で、潜在意識を顕在化させる、 素晴らしいテクニックです。 当スクールでは、 自分を見つめるための第一歩ということで スポンテニアス描写(ドローイング)をこの最初に受講いただく、この講座にて体験いただきます。 (他の講座やセッションなどでも、様子を見ながら、 必要に応じてスポンテニアス描写を いれております。

 

 

 

 

 

 

4大元素(要素)とは?

____________________________

アイヌの人たちやネイテイブアメリカン、アボリジニーの方々に代表されるように、元々その地に住んでいる、いわゆる私たちが原住民と呼んでいる人たちの多くは、「アニミズム」と呼ばれる精霊信仰の人たちです。川、森、風、その他自然のすべてに精霊が宿ると信じています。現代の私たちは忘れつつありますが、昔の日本人もそのような価値観を持っていたのが想像できます。        

 

アニミズム(animism)の語源は、アニマ(anima)だそうで、アニマとは、魂とか流動するエネルギーという意味だそうで、つまり「命」っていうことだと思います。アニミズムというのは、すべての自然の要素に命があるという考え方です。その自然に宿った命を、精霊と呼んでいます。 昔から、自然と共に生きてきた人たちは、自然界の大きな流れにすべてをゆだねていました。そして、ゆだねることで、未来を思い悩み、過去を後悔するよりもその瞬間瞬間という「今」を楽しむことを大事にしていました。

  

(私もよく山に入りますが、こんな感じでオーブとして存在の姿を写真に撮らせてくれました。感謝!)     

 

それを取り戻すためにも、まず最初に自然界を創りだす、土、火、水、風(空気)の4つの要素(エレメンタル)のエネルギーと繋がっていただくのが、この講座でもあります。     肉体を持って地球で生きる私たちは、自然界が生み出すものを受け取って生きています。それなしでは生きていけません。地球の恵みをいっぱい受けて私たちは生きているのです。自然界に大きな感謝を日々持って生きる。そして、信頼しゆだねていくこと。そして、それは最終的には宇宙の大いなる流れに身をゆだねる事にも繋がるのです。        

         

 

 

 

 

感謝はなぜ必要なのでしょう?

_________________________

 

 

感謝は物事を肯定的にとらえ、見て、感じるための視点です。

 

何かや誰かに対して「ありがたい」と感謝しているとき、 その物事や状況を肯定的にとらえています。 同じ物事がやって来ても、肯定的にとらえる人と、 否定的にとらえる人がいますが、その最初の方向性で、様々な出会いも機会も流れも異なっていきます。

 

だから、感謝が多くできればできるほど、 感謝するようなことが更に引き寄せられます。 感謝は、目線的にも、エネルギー的にも、とても重要です。 あなたは、今日いくつのことに感謝できましたか? つまり、いくつのことを肯定しましたか?ということです。

 

自分が肯定しないことは、いくら何年がかりで経験しても、 その経験は自分に吸収されません。 肯定的に受け止められたことだけが、経験として、 消化され、自分の身となり、自分の栄養となってくれます。

 

「ありがとう」「感謝します」 という言葉の波動があなたのオーラに、全細胞に振動を与えます。 自分自身に向けても、その波動が届き、 自分で自分の存在を認め、自己肯定をしていけるようになります。 それは、自信、自尊心を回復させていくことにも繋がります。 その為の最初の一歩が「感謝」です。 ですから、最初に受講いただく、 この入門講座・前編では、「感謝のワーク」をします。

 

物事を肯定的にとらえる癖を最初に身に付けていただくという目的と、 最初に感謝をマスターできれば、 学びを深めるごとにさらに大きな感謝が引き寄せられる、 ということもありますから。自分の今までかけてきた時間と労力とエネルギーを大事にしましょう。 そして自分自身を大事にしていきましょう。 そのための感謝でもあるのです。

 

 

     

 

 

 


<入門講座・前編関連記事>

自分で自分を整える

自力で自分を整える術として、

マントラの活用法を、

入門講座でお伝えいたします。

 

 

毎日マントラで自分を高めてから1日を始めれば、

あまり波動の乱れたものに巻き込まれにくかったり、

または、違和感を感じるとき、疲労が抜けない時などは、

自分が落ちているときですから、

自分を整え、元のレベルに戻すためにも、

マントラを使うこともできます。

 

 

まず、「自分で自分を整える。」

これがここでの最初の一歩です。

 

 

昨日も、入門講座させていただきましたが、

頭でわかっていても体験するのとでは、

全くの違いを、経験をもってご理解いただきました。

 

 

 

個人差がありますが、

波動が乱れている場合は、マントラ5分も大変です。

10分になると、初めての人はついてくるのがやっとでしょう。

いくら繕っても、

普段の波動がここでバレてしまいます(笑)

 

 

受講した人は充分復習なさってると思いますが、

クラクラならず、最低10分以上続けられるようになる。

=自分で自分を何とか整えられるという状態ですね。

 もちろん、グランディング&センタリングが

しっかりしてるという、

土台も整っているということもです。

 

 

そして、このスクールは、

自分で自分のことができるようになった人

(グランディング&センタリングが整い、

クラクラならず、マントラ最低10分以上

続けられるようになったということは、

一つの目安になります)が、

そのうえで、さらに自身を高めていくために、

エッセンスやヒーリングという

アイテムや手法を用いたり、

天使やマスターたちと繋がり、

さらに波動を上げていく、

というカリキュラムになっております。

 

 

ですから、

何のお金も道具も使わずに、

自分の声だけで、整えていける方法を、

1番最初に惜しみなく、

入門講座でお伝えしているのです。

 

 

 

受講された方は、こういう意味合いも

理解していただきながら、

マントラで自分をきちんとまず整えましょう。

それができていらたら、乱れることがあっても、

きちんと自分を自分のポールポジションに

戻すことができます。

 

 

 

道具や手法を最初に頼るであれば、

依存を助長するだけです。

エッセンス信仰、天使信仰といったように。

 

 

依存とは、自分の力を手放していることですから、

ココでの方針とは全く逆な方向です。

いつまでも、神聖な自分にたどり着けません。

 

 

※入門講座までたどり着けない方には、

それ以上悪化しないために、応急処置として、

まず、エッセンスを勧める場合もあります。

あくまで、応急処置のためのエッセンスですので、

「エッセンスさえとっていれば・・・・・」、

とエッセンス信仰になりませんように!

 

 

 

入門講座では、

自分で自分を整える術と共に、

「神聖なご神体である自分」

を思い出し、

「神聖じゃないから、

誰かや何かに頼らなくちゃいけない自分」

という、今までの価値観を手放し、

意識を新たにしていただきます。

 

 

 

 

そして、私も今月半ばから

アバンダンスプログラムをしており、

意識を新たにしております。

 

ブログもガイドたちの指示を無視し(笑)

たくさん書き過ぎましたし

HP、少し整理して参ります。

 

 

また、ここもオープンし1年がたちます。

オープン前、つまり0人だった時と

今では、状況が違います。

世間の会社も半年ごと、

1年ごと運営会議があるでしょう。

 

 

私も何十人という天使に囲まれ、

運営会議に参加しております。

 

 

少しづつ微調整をしながら、

ご縁のあった方により良い形で、

あなたのアセンションのために

必要な学びを提供させていただけるよう、

努めてまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

今日もありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

続きを読む

日本人の霊性

 九州、エクアドル、アフガニスタン、ミャンマー、バヌアツ。
あちこちで起こる地震。被災した方達に一日も早く平安な日々が戻ることを祈ります。

 


東日本大震災でも各国で報道されたように、
災害時にも暴動にならず、きちんと並んで物資を受けとり、
譲り合いの精神を非常時に発揮できる、
類まれなる高い霊性を、私達日本人はもって生まれています。
そんなことができるのは、日本人だけ。
私たちは、もっと、日本人としての誇りを持っていいと思います。

 

 

イタリアなんか行くとすごいですよね。

自分のお国や町の自慢や自己主張。

母は、いつまでも自分の息子を「なんてハンサムな私の息子」

と55歳の息子にキス!という、自分は素晴らしい!

自分の家族は素晴らしい!自分の町は素晴らしい!自分の国は素晴らしい!

と自信たっぷり、自尊心が超高~い。愛国心も。

 


日本人の私たちは、敗戦国としての教育を受けてきましたから、
誰もが、「自分は素晴らしい!」とか
「日本は素晴らしい」と思うことができなくなっているのが現実だと思います。

 


だから、スピリチュアルも然りで、

外国のヒーラーやスピリチュアリストや、外国の技術ばかり、受け容れる。

外国かぶれになっている人もいますよね。


もちろん、外国のスピリチュアルの素晴らしい面も

きちんと受け容れていくことも大切ですが、

自分たちが民族・国家として受ける継いでいるDNAを
 受け容れていくことが、まず大事に思います。

 


太古の日本は、ガイアの法則や竹ノ内文書等で知られる通り、

高い文化と精神、スピリチュアリティを持っていたと思います。

そして、縄文とひとくくりにされている時代は、

いくつもの文化があり、ホントにユートピアだったでしょう。

波動の高い植物の麻文化もあり、狩猟採取による、

生きているサイクルのエネルギーを摂取していたり、

 

 

土器を見ればわかりますね。

こんなアーティスチックな土器。

 

 

 

続きを読む