フラワーエッセンス作り

山歩きをしていると、

なんかわからないけど、この花気になる、とか、

なんか今呼ばれた気がする、とかがあります。

 

 

すごく気になった花とか、

呼んでたような気がした花などと、

お話をしてみました。

 

 

そして、その中で自分のためのエッセンスを

作る必要があったものもあります。

 

 

面白いものですね。

野草を食べてたせいでしょうか?

山野草に話しかけられ、エッセンスを作ることに。。。。

私は、自分用を作るだけみたいですが。

野草→山野草→次は高山植物?といくのでしょうか?(笑)

 

 

この花は、通り過ぎたら、

なんか呼んでる気がして戻ってみて、

え?なんだろう?とわからなくて、

また通り過ぎてみると、呼んでる。

もしかして、この花が呼んでる?ことがわかり、

チャネリングをさせてもらい、

花の許可を得て、コルテさんやアンさん方式で、

摘まずに、エネルギーを湧き水に転写させてもらいました。

 

 

 

 

 

 

「大変なことがあってもじっと耐えて、

自分の力を蓄えておきなさい。

大変な時は、自分が成長できるとき。

絶対また春が訪れるから。

それまで、自分の力をためておきなさい。

 

上に伸ばせないときには、

地下に、根を伸ばすの。

下に力を蓄えておくの。

実際に目に見えるものじゃなくても。

 

そして、時期が来たらしっかり自分の頭を上げていきなさい。

私がそうしてるように。

(長い雪の季節をじっと耐え、そしてやっと咲く植物ですからね)

 

あなたはあなた。

誰もあなたの真似はできないし、

誰もあなたにはなれない。

 

ゆるぎない自己を持ち、

他人に左右されることなく、

自分を生きなさい。

 

どんなことがあっても、

周りに惑わされることなく、

自分を貫きなさい。

 

いつでも自分の中心になさい。

自分の人生を生きていきなさい。

どんな嵐の中でも、生きていく強さをあなたに分けてあげます。

 

もっと強く生きなさい。

もっと気高い自分をもって生きなさい。

どんな環境であろうと、尊い自分を大事にしていきなさい。

 

あなたがすべきことは、しっかり自分を持ち、貫くことです。

私はあなたを助けます。

だから、呼び止めたのです。

 

 

誰かや何かの事を考えずに、

今は自分の事を第一に考えるときです。

さあ、自分のために私のエネルギーを使いなさい。

第3チャクラ、体の中心(背面、前面)」

 

 

 

以上がチャネリングメッセージでした。

グランディングにもいいですが、

センタリングに特に適したエッセンス。

 

 

そして、花の特徴は、ウィキペディアや

植物図鑑などから抜粋させていただいております。

 

 

ショウジョウバカマ

 

北海道から、本州、四国、朝鮮半島など分布する山野草です。

山地の小川沿いや水分の多い傾斜地などに自生します。(←確かにそうでした!)

 

中国の想像上の動物で”猩々”(しょうじょう)という生き物がいるそうで、

その生き物は、猿のような顔をもち、毛は紅紫色で、「大酒飲み」なのだそうです。

 

紅紫色の花を、その”猩々”(しょうじょう)に見立て、

葉を袴(はかま)に見立てた、というところから名付けられたという説があります。

 

 春に地際から花茎を伸ばして、その先端に数輪の花をまとめて咲かせます。

花は紅紫色の一重がポピュラーですが、変異が多くて濃淡に色幅があったり、

白花や八重咲き種もあります。開花後は花茎が長く伸びて、20cm~30cmに達します。

 

 

 私がエッセンス作ったのは、赤紫のものでしたが、

もう少し立つと、猩々のように赤くなるのだそうです。

 

その後の山歩きでも赤いのも見ました。

 

 

_________________________________________________

 

そして、白い妖精が森に現れたような、このお花。

一度見て、すごく気になっていたのですが、

その時は、人もいたので、素通りで、

別な機会にまた別な場所でお会いできました。

こちらもエッセンスを作らせていただきました。

 

こんな感じで倒れた木のところに生えてました。

(左の写真の左下の白い塊)

その後も見かけましたが、結構、倒木の周辺に咲いてることが多かったです。

 

自分で光合成せず、寄生して、

栄養をもらって生きている腐生植物というもの、

だそうです。

 

 

 

「あなたは頑張り過ぎです。

何でも一から自分一人でやろうとせず、
すでに土台があるものの上に積み重ねたり、
途中から引き継いでやるということを考えると、もっとラクになるし、
または誰かの力を借りることも大事です。

 

気を張り詰めすぎです。

もっと、脱力して、他人の支えの上に自分を持っていきなさい。
先人の培った土台の上に花を咲かせればいいの。
全て一から自分で、と気張らなくていいの。

もっと甘えなさい。
もっと力を抜いて生きていきなさい。

 

私を見なさい。
全て周りのおぜん立てしたものの上に乗っているだけ。
でも、その分、誰も真似できない、
上から下まで全身純白で多くの人を魅了しているでしょ?

あなたも私に魅了された一人じゃないの。

 

 

だから、用意された環境に感謝して、
自分の事だけに100%、私たちは集中できるのよ。

そして、あなたもそうする必要があります。


そうすれば、自分の能力、才能を
ありったけ発揮していくことができます。

頑張りすぎて力の入り過ぎた肩、首に塗りなさい。
第2、3チャクラ」

 

頑張っている人ではなく、
頑張り過ぎている人にいいエッセンス。

だそうです。

 

 飲んだら、肩がスッとラクになりました。

 

 以上がチャネリングメッセージでした。

そして、花の特徴は、ウィキペディアや

植物図鑑などから抜粋させていただいております。

 

 

ギンリョウソウ(漢字は、銀竜草だそうです。)

この草は植物でありながら、光合成で栄養を作ることをしないのだそうです。ですから、光合成に必要な緑色の色素を持っていないのだそうです。そのため花の内側以外は茎も、透けた白色。

 では、どうやって生きているのかと言うと、腐生植物という種類の植物で、ブナなどの腐葉土の森の中で、地下でベニタケの仲間の菌類に寄生し、菌経由で、共生する樹木が光合成により作り出した有機物(養分)を、得て生活しているそうです。

 

 

 

 

で、後日別な場所を、歩いていたら、道が複数あって、

迷子になってしまいました。

そして、着いた場所がブナ林の中だったのですが、

普段人が歩かないようなところだからか、

そこは、この銀竜草のめちゃくちゃ群生しているところでした。

 

銀竜草の森でしたね。

この花とは、とてもご縁があるので、

だから、迷子になってたどり着いたのでしょうか。。。。

(15分くらい降りたら、本来の分かれ道に戻れました)

 

呼ばれたんでしょうね~。

銀竜草の森、ありがとう~!

 

 

 

________________________________________________

 

 

 

 

そして、このお花。かわいらしい。

気になるわけでも、呼ばれたわけでもないけど、

このように、エッセンスを作ってたので、

この機会に、この花でも一応エッセンス作らさせてもらおうと、

話しかけてみました。

 

 

「今日、他の方にも作らせてもらったんですけど、

あなたのエッセンスも作らせてもらっていいですか?」

と聞くと、

「え~、あなたは、今は私の事は必要としていないわ~。

自分でもわかるでしょう?

この先、必要なこともあるかもしれないとか、

あと、あの人に分けてあげてもいいな、って思って、

私に声かけたでしょ?

 

あなたが、他の人に作ってあげることを役目にしている

(コルテさんサビーナさん、アンさんなどのようなエッセンスのプロデューサーなど)

わけじゃないんだから、今の自分のことだけ考えなさい。

 

他人の事は、他人に作ってあげることを生業にしている人にまかせなさい。

あなたは、他にやるべきことがあるんだから、

そこに力を注ぎなさい。

自分の力を無駄遣いしないの。

自分のために100%エネルギーを使いなさい。

自分を生きるって、そういうこと。

 

 

特に今は、自分を再構築している時期なんだから、

余計疲れるの。

だから、余計なことはしないで。

省エネモードで行きなさい。

 

 

そして、あなたが成長し、別な段階に進んだ時に、

私を必要とすることが万が一あったら、

その時はちゃんと私から声をかけるから、大丈夫よ。

 

今のところ、私は、あなたに必要ないわ。うふ。

自分の直感を信頼しなさい。」

 

 

ていうことでした。

自然界はほんとに無駄がないんですね。

 

作り置きとか、買いだめとか、ストックとか、

自然界にはそんな発想がないんでしょうね。

 今、必要な分を必要な分だけ。

 おっしゃる通り!

 

 

いろんなことを、自然界の花々に教えてもらいました。

彼らは、私の先生です。

 

 

今日もありがとうございました。

 

 

 

 

 ※ブログは、エッセンス作りの様子を紹介しただけで、

作ったエッセンスは、さまざまな機関への届け出が大変なので、

もちろん、自分用で、販売は考えておりません

ご理解の程、どうぞよろしくお願いいたします。