インナーチャイルド&過去生ワーク

インナーチャイルドとは、

まだ昇華できていない

幼少期の自分です。

 

 

昇華していないため、

あなたのオーラ内に留まり、

あなたが経験することを

その子を通して経験しますから、

年齢的にはいい大人なのに、

子供のような見方、考え方の為に

身動きが取れずに苦しみます。

 

 

もちろんすべてではありません。

人生経験に応じた大人の視点を持ち、

大人の対応をすることもできますが、

トラウマが残っていることに対しては、

オーラ内の小さい自分を通して、

感じたり、考えたり、物事を判断します。



満たされていないその子を受け入れ、

一人格として対等に扱ってあげ、

大事にしてあげることによって、

満たされたその子は、

あなたのオーラ内から離れ、きちんと昇華します。

 


その為、同じような経験がその先あっても、

それまでのような感情の動きや

それに伴う行動が少なくなり、

あなた自身も大人の判断、

行動ができるようになります。

感情のメロドラマが終わります。

それに費やした時間と労力を今度は、

自分の創造的なことに使うことができます。

 


しかし、インナーチャイルドワークは、

除霊のようなものではありません。

見たくないもの、汚れたものを

ポイ捨てするようなものではありません。 

 

 


あなたが送ってきた人生、

何ひとつ無駄なものはありません。

全てがあなたの大事な人生のパーツなのです。

 

 

ですから、インナーチャイルドワークは、

忘れてきた、または見ないようにしてきた、

パズルの1ピース1ピースを

過去に戻り、取り戻しにいくような作業です。

彼らは、あなたが、迎えにくるのを

何十年も待っているのですから。


きちんと昇華した、

インナーチャイルド達は、

あなたを構成する大事な1ピースとなります。

今まで胃もたれしていたものが、

消化され、吸収され、自分を造る

血となり細胞となってくれる、

そんなイメージです。

 

 

「見たくない」「感じたくない」、

だといつまでも胃もたれが続き、

ずっと気分が悪い、

それが感情レベルで起こっている訳ですから、

感情の胃もたれをなおし、

栄養を全身に循環させることが、

ここで行うインナーチャイルドワークです。

 

 

もちろん、私が行うのではありません。

あなたのインナーチャイルドは、

あなたにわかって欲しくて、

そこに留まり続けている訳ですから、

あなたが自分で、自分に行うものです。

 


私は、お見合いの場を設置する

仲人さんのようなもの。

関係は、お二人で築きあげて下さい。

あなたとあなたのインナーチャイルドで。

他人が立ち入る事などできる訳がありません。

分離していた2人が、

一体になる訳ですから。

それがインナーチャイルドワークです。



過去に置いてきた自分を迎えにいく旅、

今生レベルだとインナーチャイルドワークですし、

それが、前世であれば、

過去生ワークになるだけです。

 

 

だから、心理学とかスピリチュアルとか、

分けて考えると進みません。

心も体も魂も日常生活も

全てがあなたなのですから。

 

 

インナーチャイルドは、

子供だから、あんまり待ってられないから、

早く迎えに行ってあげましょう。

 

 

過去生は、何百年、

何千年待ってますから、

それ程は急いでませんが、

根本的なものを解放していく為には必要不可欠です。



どちらも、あなたの日常生活に、

面白くない、または、

納得いかない状況や人間関係という形で、

あなた自身にアピールします。

 

 

そのインナーチャイルドワークも、

ある程度行うためには準備が必要です。

 

 

なぜなら、多くの人が、たくさんの鎧を着て、

痛みを感じないようにして生きています。

その、鎧や防具を1つ1つ取り払っていかないと、

傷のケアができません。

アバンダンス・プログラムで少しずつ、

自分と向き合える癖付けをしていただき、

フラワーエッセンスを用いながら少しずつ、

進めていきましょう。

 

 

心理学講座では、本格的に傷のケアの方法を学びます。

何が原因でそのような傷になったのか?

自分は、どうしてそのような傷がつく傾向なのか?

1つ1つ検証していく方法をお伝えします。


全ての自分を統合し、

完全体になる!

それが5次元への歩みでもあります。

 

 

今日もありがとうございます。