感謝

感謝は物事を肯定するエネルギーであり、

いかに自分が愛されているか、

愛されるに値する存在である、

という認識を強固にしていきます。

(詳しくは、「感謝はなぜ必要なのでしょう?」ご覧ください)

 

 

また、「自力」から「他力」へと、

コントロールをやめ、委ねる

方向へと移行する足掛かりにもなります。

 

 

ガッチガチに

自分のスケジュールも、

プランも、思考も、

人生もコントロールしていると、

宇宙(神)のエネルギーが

入り込む隙間がありません。

 

 

そもそも、宇宙(神、一なるもの、真我)

が経験したいことを、

私達(ウエットスーツ、個我)が

手足となりしているわけですから、

宇宙(神、一なるもの、真我)

に委ねるのがそもそものスタイルなのでしょう。

 

 

自分の力じゃない誰かや何か、

に対して「ありがとう」と私たちは言います。

 

 

自分の力を超えたものに、

感謝するとき、

主導権を宇宙に返還します。

それが「委ねる」という状態です。

(委ねると依存とは全然違います。それはまた何かの機会に)

 

 

委ねることが多くなればなるほど、

感謝する機会が増え、

また感謝すべき事柄が増えていきます。

感謝を日々数えていきましょう。

 

 

 

そして、100個くらい

感謝が書き出せるようになったら、

または、10分くらい感謝を

日々唱えられるようになったら、

何かに対しての感謝ではなく、

全てに対しての感謝、

絶対感謝に移行していきましょう。

 

確実にあなたの意識も

視点も変容していきます。

 

 

絶対意識である、

宇宙(神、一なるもの、真我)の立場から

物事を見たり感じたり、

できるようになっていきます。

 

 

もちろん、これも段階があります。

 

 

 もちろん個人差はありますが、

入校し、受講やセッションを継続し、

1年以上たった方々は、

相対感謝から、絶対感謝

の段階に進んでいる人もいます。

 

 

こないだセッションに

来てくださったYさんは、

「人生で出会った全ての人に感謝します」

 

 

同じくセッションに

来てくださったSさんは、

「私の人生の全てに感謝します」

 

 

再受講くださったMさんは、

「今まで経験した全ての苦しみに感謝します」

 

 

等と、絶対感謝ができる

段階に入ってきましたね~。

素晴らしいです!

人はそれを「乗り越えた」と言います。

 

 

確実に存在する次元が変わります。

それをアセンション(次元上昇)

すると言います。

ここはそのためのスクールですので、

「アセンションスクール」なのです。

 

 

 で、その名の通り、「絶対」。

全てのものに、

「絶対的な」価値がある。

 

 

神のこの箱庭に

存在している私たちは、

感謝できない事柄が

何一つあるわけないんです。

 

 

全てが、神(宇宙、真我、一なるものなど)

からの愛いっぱいの贈り物。

 

 

その視点に立った時、

全てが感謝の対象なので、

個々に~に対して(相対)

ではなくなります。

 

 

 

私の人生の全てに感謝します。

 

これはもちろん、

楽しいことも苦しいこともあったけど、

その苦しさの中に愛を見出せたから。

今自分が在るのは、その苦しさがあったおかげ!

と、乗り越えた境地の人なら出てきます。

 

 

 

生まれてきたことに感謝します。

 

 

それが一番だったはず。

体をもって色々経験するために、

誰しも生まれてきたんだよね。

だから、後はもうついで、

付録のようなもの。(笑)

 

だから、付録である

日常のドラマに振り回されないこと。

逆にせっかくの付録なので、

ドラマを楽しんじゃうぞ~的な感じとか^^

 

 

 いつもは無理かもしれませんが、

できるだけ一日の中の多くの時間を

感謝の気持ちで過ごせたなら、

自分自身も心穏やかに、

そして起こる現象も

感謝せずにはいられない

現象になっていきます。

 

 

今日もありがとうございます。