見返りの法則

 

「私」がやったものなどこの世にあろうものか。

 

「私」成し得たものなどこの世に何一つない。

 

 

しかし、「私」は、「私」がやったと、自分の努力と成果と頑張りを自分の手柄にしようと、「こんなに頑張った」と努力にかけた時間や労力をアピールし、その成果を主張し、周囲をコントロールし、承認と称賛、賛美を求め続ける。

 

これがエゴのなせる業なのです。

 

 

私自身、この承認と称賛、賛美のエゴのトリックに何十年と引っかかっていた愚者です。しかし、手放してみるとその実態と全容が明らかになります。

 

 

「私」がやったように見えて、

「私」がやったものなど実は1つもない。

「私」一人では何一つ成しえるものはないのです。

 

 

完全で、完璧で、有り得ないくらいベストなタイミングで、神がその物事を「私」という存在を通して地上に表現しただけのことですから。だから、「私」一人でやったこと、成し得たことなど何一つないのです。

 

全ては、神の完璧な営みの中で行われたこと。

 

 

しかし、エゴは主張し続けます。

「私」の成果。

「私」の努力。

「私」の頑張り。。。。

等を主張し、見返りとして承認と称賛、賛美を周囲の人や誰かに求めます。しかし、求めれば求めるほど、益々神、一なるものとの分離が進みます。

 

 

一体、「私」というウエットスーツに何ができるのでしょう?

 

それでもエゴは主張し続けます。

「私の力でやったんだから」

「私がやってあげたのだから」と、

自分の力で成し得たことなど1つもないのに、すぐ見返りを求めます。

 

 聖書の言葉か、聖者の言葉かわかりませんが、「見返りを求めてはいけない」というような、格言も確かありましたね。

 

 

「私の~~(手柄)」にしがみつくとき、自分の存在価値を見出せないでいるのです。

 

しかし、そんなことをしなくても、そのままの自分であなたという存在は、それだけで価値があるのです。だから神は、それを教えるために、また「私の~~(手柄)」を繰り返すたびに益々神から分離し、神から遠のきますから、神はあなたを近くに呼び戻すために、承認と称賛、賛美を絶対にあなたに与えない人をあなたのそばに送り、気づきを促しているのです。

 

こないだ来てくださった、Mさんの場合はお父さん、Kさんの場合はお母さんでしたね。^^

 

 

「私」の成果、

「私」の頑張り、

「私の~~、私の~~、私の~~・・・」を

繰り返していく度に神から遠のいていく。(笑)

 

 

神はあなたが自分の元に戻ってくるために、「私の~~(手柄)」というエゴを手放させるために、あなたの頑張りや努力や成果を絶対認めない人をそばに置きます。「私の~~(手柄)」を捨てさせるために。

 

 

ですから、あなたの頑張りや努力や成果を絶対認めない人は、神から送られた使者です。神があなたに贈った天使です。(笑)Mさんのお父さんも、Kさんのお母さんも!

 

 

承認や称賛、賛美を見返りとして求める頑張りは、その頑張り自体がそもそも要らないのかもしれません。または頑張る方向性が違うのかもしれません。立ち入り禁止のところへ、どんどん進んでいるようなものかもしれません。

 

 

その努力の多くは、承認してもらうことによって、賞賛してもらうことによって、満足感を感じ、自分の価値を外から見出してもらうためにやっていることですから。

 

 

でも神は教えてくれています。そんなことをやらなくても、そのままであなたという、神が地上に咲かせた唯一の花に価値がある、ということを教えてくれているのです。そんなことをやって、自分の存在価値を認めて貰おうとしなくても、私(神)が地上に送った唯一の花なんだから、そのまま咲くだけで価値があるんだよ、と。

 

 

しかし、あなたは周りのカラフルな花々に触発されて、「私もああならなくてはいけない」「こうすれば愛されるはず、褒められるはず」と、無駄な努力をしてしまうのです。

 

あなたを認めてくれない様々な現象は、あなたはそのままで唯一の花だということを教えてくれているのです。神がいかにあなたを愛しているかを教えてくれているのです。

 

そして神は、子である私たちに、より多くのモノを与えたいと思っています。私たちが想像できないくらい、壮大なギフトを。

 

この宇宙には法則があります。「与えたものが受け取るもの」「蒔いたものを刈り取る」などと表現される、因果応報という法則がありますから、それにのっとってギフトは送られます。

 

だからあなたの努力を、わずかな承認を得るために、使ってしまうのはもったいないのです。自分の頑張りを褒めてくれる人、認めてくれる人がいたら、手柄を神に譲る。そうすれば、もっと壮大なものを神はあなたに与えてくれるのです。

 

 

フラワーエッセンスのコルテPHI社のコルテさんなんかそうですね。以前、コルテさんがたまたま、私の隣の席に座ったので、「あなたの作ってくれたエッセンスですごく助かっています。ありがとう」ということを言ったら、「神様のおかげ。神に感謝」と言っていました。だから彼は益々、神に愛されるのですね^^

 

 

承認、賞賛、賛美などへの見返りを手放す。

 

エゴを手放し、手柄を神に譲る。

 

 

全て神の完璧な営みの中で行われていることなのですから。エゴを手放せば、更に大きなものが入ってきます。私も、あなたも大きな流れの一部なのですから。

 

 

 

そして、先日私がいただいたプレゼントの紹介^^

先日誕生日を迎えましたが、その前に先週夫と一緒に福島県内にバースディ旅行で1泊でかけてきました。夫の仕事の兼ね合いと有休消化もあり、前々日の急な予約でしたが、前にも泊ったことがあるし、直前割で安かったのとペンジュラムもそこでOKだったので決めたリゾートホテルでしたが、行ってみたら何とその日の夜にだけ、ハンドベルの1時間ほどのコンサートがホテル内で無料で行われました。CDも出しているハンドベルのグループの演奏をゆったりソファーにかけて楽しむことができました。

 

 

 

また、翌日の日程は決めていなかったのですが、露天風呂で居合わせたご婦人たちの話を聞いていると、福島市の花見山に行ってきたけど、ちょうど見ごろだったそう。例年より10日くらい早いようで、混んでいなかったとのこと。で、部屋に帰り、ネット検索してみると、やはり開花が早そうで、4月なる前に見ごろになっていました。露天風呂のあのご婦人たちは、神からのメッセンジャーだったのですよね^^

 

 

花見山の見ごろの桜たち

 

 という、思いがけない素晴らしい誕生日プレゼントをいただきました。

 

神に感謝!

 

今日もありがとうございます。

 

 

 ※「神」という表現に違和感をお持ちの場合は、どうぞ「宇宙」でも「全体意識」でも、「サムシンググレード」でも、「一なるもの」でも「真我」でも「ワンネス」でもなじみのある言葉に置き換えてお読みくださいませ。