もし悩んでいたり、苦しんでいるなら

もし、あなたが何らかの症状で今苦しんでいる場合、また、人間関係や仕事や自分自身のことなど、人生の悩みで頭も心もいっぱいになっている場合、心理学やその他の講座で何かを理解し解決しようとするよりも、ぜひ対面セッションをお勧めいたします。

 

今まで、数多くの悩み苦しんでいる人を各講座でみかけてきました。(頭での、知識での)理解が、苦しみを和らげてくれるかもしれない、とお越しになるのでしょうが、)理解するところはハートですし、頭でっかちで余白もなく、またハートも閉じていたら、新たな知識や技術が入るところがありません。または、”講座”という事で新たなことを学んでいる自分は、前進しているという安心感を得たいのかもしれません。

 

しかし、ちょっとイメージしてみてください。あなたは灼熱の砂漠にいて、目の前に、ものすごく喉が渇いてもがき苦しんでいる人がいるとします。その人に対して、“その渇きはどこから来るのか掘り下げてみてください。”とか、“実は苦しんでいる人はいないんです。全ては幻想なのです。”とか、言いますか?それは、余裕のある時ですよね。 今、目の前で飢え、渇きで苦しんでいる人には、まず水を渡すことでしょう。

それと同様です。

今今、目の前で苦しんでいるなら、まず水(=セッション)です。(ご祝儀ヒーリングで、時折水まきもしていますが)

そして多少潤い、自分のペースを取り戻したなら、余白もできるでしょうから、講座もいいでしょう。悩み苦しみでいっぱいいっぱいで余裕(余白)がない所に、新たな”知識”や”技術”は入りません。

 

ですので、お伝えしたいのは、“今、しんどいなら、まずセッション!”です。