心地良さ

 

自分であることの心地良さ。

 


ありのままの自分を表現し、
ありのままの自分を受け止め、
ありのままの自分を感じる心地良さ。


誰かのレールや、
誰かの思い、

誰かの考えや
誰かの評価や

誰かの期待の中に生きることをやめ、
自分が自分の主となる。


自分の思いに忠実になる。
自分の内に湧き上がる
エネルギーを表現する。
自分に誠実になる。
自分に正直になる。


ああ、自分でいることのこの心地良さ。

 


できない自分を受け入れる。
いっぱいいっぱいの時は、
もう無理だと言う。
手伝いが欲しい時は、
サポートを求める。
これが弱さを受け入れると言うこと。


「弱い自分でもOK!」
「出来ない自分でも生きる価値がある!」
「完璧じゃない自分でもいいんだよ。」
と、自分で自分を受容する。  


だだそれだけ。


頑張りマンを引退し、
我慢ちゃんを卒業する。


全ての自分に、
”そのままでいい”と許可をする。

 


自分の心地良さを最優先する。
心地悪いその関係、その環境に、
もし身を置くなら、
なぜ自分をいじめてるのか、
なぜ自分に罰を与えているのか、
自分の抱える闇と向き合う。
そうすれば解消する。


過去においてきた自分がいるなら、
ちゃんと迎えに行く。
そうすれば、今に生きることができます。



一瞬一瞬が愛おしい、
自分時間になります。


そうすると、温泉のように
感謝が湧いてきます。
じわ〜っと。

 


夕日の美しさに感謝の涙を流し、
満月の月光の中で、
人生で育んできた、
たくさんの経験と出会いに
感謝の涙を流し、
目覚めとともに太陽の光が
降り注がれ、今日も
生かされた命に感謝の涙を流す。


これがBeing的な感謝です。

全てに神の恩寵を垣間見、
全てにじわ〜っと湧き出す温泉のような感謝。


因みに、ただ言えばいい、
店員さん的な形式的な
ご挨拶感謝は、
Doing的感謝といいますか、
温泉が吹き出しませんよ。


全てを許し、
全てを受け止め、
優しい恩寵も、
易しい恩寵も、
荒々しい恩寵も、

苦行のような恩寵も
全てが必要で、
全てを尊く思えた時に、
自分と世界が一つになります。
自分と世界が呼応する。
自分の宇宙が回り始めます。

 


今日も生きてる。
生かされている、
この命を最大限生きる。 
与えられた数々の
ギフトと共に。

 


神に感謝!

 

 

今日もありがとうございます。

 

 

 

 

 


コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    なおえ (火曜日, 11 9月 2018 22:00)

    素敵ですね✨